魅力的な人とは? (後編)   



前回の続きで、今回は「常に目を輝かせているには、どうしたらいいか」について紹介します。もちろん、常にカッと目を見開いているというのではいけません。もっと内面から輝かせるべきです。



その方法とは、「常にプラスのことを考えること」。

そう、これは口で言うのはカンタンだけど、実際にやってみると、かなり難しい。



その方法は、「Not must, but want」。日本語なら、<「~しなきゃいけない」ではなく「~したい」を使え>です。

私達がもっともマイナスに感じる時は「義務」に押しつぶされている時です。「ああ、明日までに書類を仕上げなきゃいけない」とか、「早く帰らなきゃいけない・・・」とか。言い換えれば、「憂鬱な未来」です。実際に、うつ病になる人の大半は、重い義務感を感じています。

すなわち、体をプラスで満たし、目を輝かせて日々を生きるためには「義務感から解放」されることが一番なのです。



「しなきゃいけないこと」は実はこの世には存在しません。例えば、「ご飯を食べたい」という願望は誰にでもあると思います。そして、「ご飯を食べたい」→「ご飯を食べるためのお金が欲しい」→「お金を稼ぐための仕事がしたい」→「仕事の一つの「書類書き」をしたい」→「早いほうがいいから明日までにしたい」と全てが「want」でつながります。

これを「want link(願望のリンク)」と呼びましょう。

それでは、なぜ「義務」という、「~しなきゃいけない」が存在し始めたのでしょうか?



理由は簡単です。「want link」が長すぎて、どこかでボヤけてしまうからなのです。きちんと伝えるために義務として定めたのです。これは、確かに「生産」の意味では能率的かもしれません。でもそれによって私達の心は常に重い「義務感」に押しつぶされ、その心の安らぎは永遠にやってきません。なぜなら、「しなきゃいけない」という言葉には、「本当はしたくないけど・・・」という気持ちが付いてまわってしまうからなのです。



まとめると、

目を輝かせるためには、「want linkを明確に捉える」こと! もう一回、自分の願望を捉えなおし、そして今の「~しなきゃいけない」を全て「~したい」で置き換える!

(義務の99%はwantでつながるはずです。)



これだけでものごとをプラスに捉え、内面から輝くようになりますよ。
[PR]

# by yumental | 2013-02-20 17:31 | 心理学

魅力的な人とは? (前編)   



こんばんは、ユウです。



今回はズバリ「魅力的な男・女になる方法」を紹介します。「私は容貌に自信がないから・・・・」などと言わず、まずは一読してみてください。



みなさんは魅力的な人と言われて、どのような人を思い浮かべますか?



人が初対面の相手と会うときに、真っ先に見つめる場所は、顔。(特に女性が見るときは)そして顔の中で一番最初に目に飛び込んでくるものは・・・やっぱり、目です。まさに目は「人間の玄関」。



心理学的に、人が人を好きになるか嫌いになるかは、「第一印象が80%を占める」そうです。すなわち、目が相手に与える印象が、人間関係ほとんどを決めてしまうと言っても過言ではありません。そしてここで重要なのは、それが「目のかたち」ではないということです。パッチリとしてるとか二重だとかは関係がありません。



量に差はありますが、誰もが持っている「眼光」、すなわち「目の輝き」が大事なのです。



 これにはきちんとした医学的な裏付けがあるのです。眼光すなわち目から発される光は、マンガで言うと、「目のハイライト」です。専門用語過ぎて分からない人は・・・・「少女漫画の目のキラキラ」を想像してください。そのハイライトは、その人の目に入った光が反射して見えています。すなわち、瞳孔(黒目の入り口)が大きければ大きいほど、ハイライトすなわち眼光も強く、鋭くなります。



まとめると、「眼光」=「目の輝き」=「瞳孔の大きさ」。



そして、瞳孔は興奮時や何か興味を引かれたものを見るときは、通常時の5倍の大きさにまでなることが知られています。すなわち、「瞳孔の大きさ」は、好奇心の強さ、ひいては向上心の強さを表しているのです。それはまさに、「デキるやつ」ということと、また同時に「貴方に興味を持ってます」という好意をも表していることになります。

だから、「眼光」=「目の輝き」=「瞳孔の大きさ」=「デキるやつ」=「中身の充実」となるのです。



ちょっと長くなりましたが、まとめると

「魅力的になりたかったら、目を輝かせよう! それによって外見も内面もアップする!」ということ。



では、具体的にどうすれば常に目を輝かせていられるのでしょうか?

次回、誰にでも出来るその方法を紹介します。
[PR]

# by yumental | 2013-02-17 17:24 | 心理学

それだけで好感度アップ!?   



こんにちは、ユウです。



 周囲に対して、好感が持てる人、感じの良い人と印象づけたいと思うときってありますよね。仕事でも何かの集まりでもそういう場面はよくあると思います。今回はそのような場面で役立つ方法を紹介します。





 「マズローの5段階欲求説」によれば、人の欲求には、1「生理的欲求」、2「安全の欲求」、3「親和の欲求」、4「自我の欲求」そして5「自己実現の欲求」があり、1番目から順番に満たされていくといいます。

 もしもあなたが周囲の人たちに好感を持ってほしいと思っているのなら、その人たちの3番目の欲求「親和の欲求」を満たしてあげればいいのです。

 一般的に挨拶は「関係が下」の人が先にすることになっているので、相手は先に挨拶されると、暗に自分のほうが「関係が上」というイメージを受け、4「自我の欲求」も満たされます。それによって、あなたの好感度は間違いなく上がり、周囲から感じの良い人と思われるようになるのです。

 具体的な方法は常に自分から先に笑顔で挨拶することです。

 挨拶の言葉で一番理想的なのは丁寧な言い方をする「おはようございます!」。ただし1日中使うことができないので、無理に使う必要はありませんが、昼の12時前であれば、「おはようございます」と言うのがいいでしょう。



まとめると、

ちょっとでも顔見知りの人にあったら、必ず「自分から先に笑顔で挨拶すること」。相手が部下だろうが、同僚だろうが、誰だろうが、自分から挨拶する。そうすればあなたの好感度は間違いなく上がります。

これこそが、スーパーメソッド「ファースト・ショット」!



 このメソッドは好きな人に対しても用いたいものです。

 男性でも女性でも、相手がいつもつまらなそうな顔をしているよりも、会うたびに「おはよー!」って微笑んでくれるほうが、明らかに気分がいいもの。

 そうやって、相手の気分を良くすれば、結局良い形で自分に戻ってきます。

 さらに一歩進んで、キライな人にもこの「ファースト・ショット」ができるようになったとき、あなたは自分の中で何かが変わったことに気が付くはずです。その変化は大きいに違いありません。
[PR]

# by yumental | 2013-02-14 17:23 | 心理学

仮面でイライラを解消!?   


こんばんは、ユウです。



恋人が遅刻したり、同僚が意に添わないことを言うと、目の前の相手に対してついイライラしてしまいますよね。今回はそのようなときの対処法を紹介します。



 ユングの提唱した「ペルソナ」という概念があります。とても簡単に言えば、外に向ける「仮面」のこと。ほら、あなた自身も、毎日いろいろなペルソナを付け替えているのではないでしょうか。

「サラリーマンとしてのペルソナ」

「お父さんとしてのペルソナ」

「夫としてのペルソナ」などなど…。

 でも、それだけではいつかあなたの気持ちが疲れてしまうこともあるでしょう。それは、そのペルソナに「無理」が生じているのです。

 例えば恋人に遅刻ばかりされているときには「恋人」としてのペルソナだけでは、耐えられなくなることもあるはず。そんなときについ怒ってしまい、さらに関係を悪化させてしまったこともあるのではないでしょうか。こんなときこそ、「ホスト」や「ホステス」のような 新しい「ペルソナ」を作るとそれだけで気持ちが楽になって 相手のことを優しく包むことができるはずですよ。



まとめると、自分のことを「ホスト」や「ホステス」のようなプロだと思うこと。そして例えば遅刻されたとき、「自分は相手をお客にするために頑張っているんだ」と考えれば、不思議と腹は立ちません。

これがスーパーメソッド『ペルソナ・ペインティング』!



 この方法はさらに応用することもできます。

 ただ単なる雑用的な筆記仕事を押しつけられたときは、「プロのライター」だ。お茶くみを命じられてハラが立ったときは、「私はプロのウェイターだ」…。

 そう思うだけで、確実に気持ちが楽になるはずです。

 さらにベッドでは、「自分はプロだ」とイメージするだけでも、驚くほど行為がうまく行くはずです。

 疲れたとき、怒りたくなったときに、その気持ちをそのまま相手にぶつけたからといって、関係が良くなるとは限りません。「職業」になりきることで関係を良くすれば、新しく見えてくるものだってあるはずですよ。
[PR]

# by yumental | 2013-02-11 17:20 | 心理学

悲しいときの対処法は?   



「勉強したのに受験に失敗した」「勇気を出してデートに誘ったのに断られた」など人生では不幸に見舞われることが多々あります。今回は、そのような悲しいことがあったときの対処法を紹介します。



 誰かに怒られる、突然の不幸にあう等、急激なストレスを受けたとき、そのまま放置していると、心には矛盾が生じます。そして「こんな目に合うようなことはしていない」「でも実際に不幸にあった」などの心の矛盾を解消しようとして、「私は価値のない人間なんだ。だから不幸に合って当然なんだ」などと考えてしまいがちです。

 そんな風に考えないためには、悲しいことがあったときは、その後すぐに必ず「楽しいことをやる」と決めておくのです。 パーッと飲んでもいい、自分の部屋でゆったり休むのもいい。エステに行っても、おいしいケーキを食べてもいい。何しろ受けた不幸を受けっぱなしにしていては絶対にダメなのです。

 これは「慰め」ではありませんし、ヤケ酒やヤケ食いとも全く違います。積極的に自分に楽しい「ご褒美」をあげることです。 夜空は続かない、いつでも太陽は昇ります。だから悲しみという月には、どんな小さな太陽でもいいから、必ずセットでくっつけることを忘れないように。それだけで、毎日の生活がイキイキと変わってきますよ!



何か悲しいことがあったときは、必ずその後に「楽しいことをやる」と決めておく。

これこそがスーパーメソッド『サン・アンド・ムーン』!



悲しみを味わうのは期待したから。「期待しなければ、傷つくことなんてない」。

確かに。でも・・・そんな人生は楽しいものでしょうか?

あなたは自分の意志で生きているのです。決して誰かが生かしてくれているのではありません。 臆病になっている自分にも、ご褒美を。

今日は、よくがんばったね。ほら、震えているあなたに、プレゼントをあげて。

明日から、またゆっくりと始めればいいんですよ。
[PR]

# by yumental | 2013-02-08 17:58 | 心理学

成功を導く誘いの言葉 (前編)   


「僕と食事に行きませんか?」

 「うちの商品を入れていただきたいのですけど……」

 デートの誘いや契約の持ちかけ。最初の行動は、どんなときでも緊張してし

まいます。



 実は、この成功率を確実に30%はアップさせる、魔法のようなテクニックが

存在するのです。今回は、そんなテクニックを紹介したいと思います。



 心理学者ランガーによって、こんな実験が行われたことがありました。

 コピーを取っている人に近づいて、以下のA~Cの言葉をかけながら、先にコ

ピーをさせてくれるように頼んだのです。

A「先にコピーを取らせてくれませんか?」と、普通に頼む。

B「急いでいるので、先にコピーを取らせてくれませんか?」と、理由を言いな

がら頼む。

C「コピーを取らなければいけないので、先にコピーを取らせてくれませんか?

」 と、全然理由になってない理由を言いながら頼む。





 ……するとその結果、承諾率は、Aが60%で、Bが94%でした。ここまでは納

得できるはずです。



 でも、ここからがこの実験の面白いところです。

 なんと、Cの承諾率は「93%」で、ほとんどBの場合と変わらなかったのです

!「コピーを取らなければいけないので、先にコピーを取らせてくれませんか

?」に対して、「いや、理由になってないからダメ」と突っ込めた人はなんと7

%ほどしかおらず、大多数の人は「え、え…。なんかよく分からないけど、理

由があるみたいだからイイかな…」と判断してしまったわけです。

 このように人間は、「○○なので……」、「○○だから……」と、理由を言

われると、つい内容とは関係なく「正当な頼みごと」と感じてしまい、ついO

Kをしてしまう傾向があります。 これを「カチッサー効果」と言います。



 「とにかく理由があるらしいから」、「頼みを聞いてあげなければ」と判断

してしまうわけですね。



では、どんな理由がより効果を発揮するのでしょうか?



次回予告:カチッサー効果を更にアップさせる理由とは?
[PR]

# by yumental | 2013-02-05 10:01 | 心理学