私は○○!   




今回は「あの人に声をかけたい」「デートに誘いたい!」と思っても、挑戦せずに逃げてしまうときの対処法をご紹介します。



 『M』というのは「ミドル」の略ではなく、「マゾ」の方。好きになった人に声をかけたい、誰かをデートに誘いたい、新しい企画を提出したいと思う場合は、とにかく「自分はMだ!」と考えるのです。

 そしてさらに、

「その行動の結果、軽蔑されたら快感だ…」

「バカにされたらキモチいい…」

「ヘンな目で見られた、ゾクゾクする…」

 そんな言葉を自分自身に投げかけるのです。

 そうすると、不思議と「気負い」が取れます。



 さらに、

「私はもう、失うものなんて何もない、ボロキレみたいな存在なんだ…。だからこそ、この行動だけは、やってやる…。この行動だけはやってやる…」

 と考えれば、とてもスムーズに行動することができます。



自分のことを『M』だとイメージし、『M』になりきった言葉を繰り返し、積極的に苦痛を楽しむ。そうすれば、こわばった気持ちがやわらいでくる。



これこそがスーパーメソッド「アイ・アム・エム」!



誰かに怒られたり、ストレスを感じたときも 同じように「自分はMだ」と思うといいでしょう。

「もっと、もっと、ののしってください…!」

「もっと踏んで、もっとイジメてください…!」

 そう思えば、確実にあなたのストレスは減ります。

「怒られている…。もっと怒ってください…。あぁ快感…」

 そう考えれば、気持ちがとても楽になるはず。

 何も考えずにただ怒られるより、よっぽど早く気持ちを切り替えられるはずですよ。
[PR]

by yumental | 2013-04-06 13:48 | 心理学

<< ムチで動かす 誘いの奥の手 >>