雨の日は有利!?   



「30万円も貢いだのに、フラれちゃった」

「3ヶ月も通いつめたのに、契約してもらえない」

お金や時間をかけたのに、結果に結びつかない という経験はおありでしょうか? 今回はそのような状況を乗り切る方法を紹介します。



 人間の心は、相手から向けられた好意の量と同じだけの気持ちを返すようにできています。これを「好意の返報性」と言います。しかし この好意の量は絶対的に測れるものではありません。

 貯金が100万円ある人が1万円のバッグをプレゼントしてくれた場合と、時給700円のバイトを何日もやって5000円のバッグをプレゼントしてくれた場合。どちらの方が嬉しいかといえば、普通は後者ですよね。これは、「お金のなさ」というハンディを埋めるだけの強い気持ちを表現してくれたと感じるからです。

 だから、もしあなたが商談のために「相手の会社を訪問」したり、もしくは「恋人の家に訪ねていく」のなら、「雨の日」の方がいいわけです。



普通なら、雨の日に出歩くのはイヤなもの。でも、その「マイナス」を押してまで訪ねいく。それは何より強いあなたの気持ちの表現。相手は普段以上に深い感銘を受け、より積極的にあなたに対して好意的に接してくれるはず。



これこそがスーパーメソッド「ラン・イン・ザ・レイン」!



 雨どころか、より状況が厳しくなるほど相手の好意も強まるはずです。「雷雨」「大雪」「台風」…困難を越えてまで見せた気持ちは、相手の心を強くつかみます。

 仕事がガンガンに忙しく、ほとんど時間が取れない、明日になれば仕事が一段落するという場合、あなたは今日と明日、どちらの日に電話すべきだと思いますか?

 答えは今日です。

「今日はまだ仕事がつまってて、またすぐに戻らなきゃいけないんだ。でもどうしても今、声が聞きたかったから」。忙しさを押してまでかけた5分の電話は、時間があるときの1時間の電話よりも嬉しかったりするものです。



 あなたの心の中の、どうしても今この瞬間にやっておきたいこと、絶対に伝えておきたい自分の気持ち…。それは 決して「忙しい」なんて言葉では消せないはずですから。
[PR]

by yumental | 2013-03-23 15:51 | 心理学

<< 眠りたいけど眠れない 泉のように >>