「ほっ」と。キャンペーン

ゆうメンタルクリニック Aさんの糖質制限レシピ 糖質制限メニュー   

こんにちは

ゆうメンタルクリニックのAさんよ

今日は糖質制限料理の材料を公開するわ


d0293486_1542052.jpg


豚肉
焼き豆腐
ほうれん草
赤と黄色のパプリカ

パプリカを生まれて初めて見たときに「ピーマンのパクリか!」と
思ったわ

ただそれだけよ

この材料で作った料理を次に紹介するわ


d0293486_15535999.jpg


どうやって作るかは次よ

More
[PR]

# by yumental | 2016-02-20 15:46 | 糖質制限メニュー

ゆうスキンクリニックの診察は、当日でも可能です   

ゆうスキンクリニック 初診の方のご感想

ていねいでわかりやすい説明だった


マンガ。料金が明確。気軽。

医療機関で脱毛したかったこと。説明(料金など)がわかりやすかったこと(HP)


女医さんの説明がとても丁寧で良かったです。また来ます。(受診目的…肌の悩み)


ゆうスキン感想 @yubtn
· 4 時間 4 時間前
薬が出るとは思ってなかったけど、良かったと思う。


 リツイート
診断名をハッキリ話してくれるのがすごく嬉しかったです。ありがとうございます。(受診目的…にきびの悩みなど)
駅からすぐで場所が便利。先生も受付の人も優しかったです。(受診目的…肌の悩み)

ゆうスキン感想 @yubtn

非常に通いやすい。
ゆうスキン感想 @yubtn

皮膚科の先生ってもっと怖いイメージがありました。優しくて良かったです。(受診目的…肌の悩み)
ゆうスキン感想 @yubtn

ありがとうございます。助かりました。(受診目的…肌の悩み)
[PR]

# by yumental | 2015-02-15 15:41 | 池袋皮膚科ゆうスキンクリニック

ゆうメンタルクリニックでは、ADHDについて二種類のテストを行い、客観的にADHD   

ゆうメンタルクリニックでは、ADHDについて二種類のテストを行い、客観的にADHD傾向にあるかの診断を行っています。
また治療も行っておりますので、お気軽にお越しください。年中無休で、カウンセリングを重視した診療を行っております。

d0293486_1793059.jpg

[PR]

# by yumental | 2015-01-29 17:12 | 心療内科

渋谷・九段下・池袋・新宿・品川・秋葉原・上野 ゆうメンタルクリニック   

ゆうメンタルクリニックは、渋谷・九段下・池袋・新宿・品川・秋葉原・上野などからすぐに到着できる心療内科・精神科です。
土日も診察!
毎日初診を受け付けております。
またカウンセリングを重視し、薬剤を最小限にした治療を行っております。

上野・池袋・新宿・渋谷・九段下にて心療内科をお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

まずはお気軽にサイトをご覧ください。

上野院 03-6663-8813
http://yucl.net/

新宿院 03-3342-6777
http://yusn.net/
池袋院 03-5944-8883
http://yuik.net/

渋谷院 03-5459-8885
http://yusb.net/

「マンガで分かる心療内科」http://yusb.net/manga

など、分かりやすく心療内科について紹介しております。

お気軽にご連絡いただければ幸いです。
[PR]

# by yumental | 2014-12-23 15:53 | 心療内科

ゆうスキンクリニック院内写真です。   


d0293486_16512480.jpg



あなたの気持ちが最大限に安らぎ、「来て良かった」と思える最大限の配慮をしております。

お気軽にご連絡いただければ幸いです。
[PR]

# by yumental | 2014-11-05 16:52 | 池袋皮膚科ゆうスキンクリニック

か・ゆ・い   



こんにちは、ゆうきゆうです。
d0293486_18205938.jpg


 

 

 

人間の脳は右と左に分かれている、という事は、ずいぶん前から知られています。


それでは右脳は、イメージを司り、左脳は、言語や論理などを司る、という事、はご存知だったでしょうか。

  

体の右半身を動かす神経は左脳にあり、左半身を動かす神経は右脳にあるので、右利きの人は理論派かと、以前は思われていたようですが、残念ながらそこまで単純ではないようです。


なぜなら手は右利きの人が多いのですが、なんと足は左利きの人が多く、日本の約70%の人の利き足が左です。


左足を動かす神経は右にあるのですから、手が右利き、といっても左脳だけが発達しているわけではない、ということです。

 

 

ところで、自分が「右脳優位型(イメージ・感情型)」と「左脳優位型(論理・言語型)」のどちらなのか、あなたは知りたいと思いませんか?

 

 

 

 

ではちょっと想像してみてください。

 

あなたが、美容院(もしくは床屋)に出かけ、シャンプーをしてもらったとします。


軽く流してシャンプーをつけ、しばらくすると美容師さんがこう言います。

 

 

「かゆいところはございませんか?」

 

 

そのときあなたはなんと答えるでしょうか。

 

 

 

 

さぁ、シャンプー中というのは、かなりのリラックス状態です。


頭をなでる感触。

身も心も任せる安心感。


こんなときは、基本的にどの人も感覚を司る右脳の方が優位に働いているのです。

 

 

ここで「かゆいところはございますか?」と聞かれ、「ない」といえば、会話はそれで終わります。


言語を最低限に使うだけで、リラックスした世界にまた戻れるわけです。

 

 

しかし「ある」というと、それを一旦中断し「どこがかゆいのか」など説明をしなければいけません。


「右耳の後ろ」とか。

「頭頂部から左3センチ下方にかけて」とか。

 

これは、頭を洗ってもらっているリラックスした世界から、言語的な世界に戻ってこなければならない上に、自分の感覚を言葉にするのがただでさえつらい、右脳優位型の人には、より大きな労働になると想像できます。

 

 

 

そのため、それをわざわざできるということは、かなり「左脳優位型」。


「お金を払っているのに、かゆいところをかいてもらわないなんて、もったいないじゃん!」という、やや理知的な、悪く言えばケチ的な思考も入っているかもしれません。

 

 

 

ですから、「ない」と言うのは、まず「右脳優位型」な人と分析できるでしょう。

 

 

 

 

いかがでしたか?


ではまた次回お会いしましょう。


 

 
[PR]

# by yumental | 2014-02-07 18:20 | 心理学